この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

仕事中、運転中、勉強中。 睡眠不足で眠い。食後で眠い。 でも、昼寝なんて出来ない時に ガツンと眠気を覚ます科学的根拠のあるスペシャルな方法をお伝えします。

あまり眠気が解消されなかったランキング

と、その前に、眠気覚ましの方法で あまり眠気が解消されなかったランキング(自分比)をお知らせします。

眠気が覚めなかった第3位【ガムを噛む】

ガムを噛む事で交感神経や感覚神経が活発になり眠気覚ましになると言われていますが 私自身はガムを食べながら眠気が覚めず飲み込んでしまった事もあり危険です(笑)

眠気が覚めなかった第2位【カフェインを摂る】

コーヒーやエナジードリンクにはカフェインが含まれています。 眠気覚ましにカフェインがいいと言われていますが カフェインを摂取して効き出すまでには30分程の時間が掛かります。 30分も眠気と戦っていたら運転中ですと生死に関わります。

眠気が覚めなかった第1位【ツボを押す】

ネットで「眠気覚まし」と検索するとたくさんの眠気覚ましのツボが出てきます。 あくまでも私個人の体験談からすると、ツボをどれだけ押しても 眠気覚ましにはなりませんでした。 マッサージ店でツボを押されて眠くなった事はあります。  

ガツンと眠気を覚ます唯一の方法

ではでは、ガツンと眠気を覚ます唯一の方法と言っていいランキング第1位の発表です。

眠気覚まし第1位【歌える日本語の曲を聴く】

ドライブ中はカーオーディオで、仕事中や勉強中には イヤホンでこっそり聴ける音楽ですが 日本語で歌えるというのが重要です。 (自分の使っている言語の曲) 以下引用 音響研究の専門家に聞いてみると・・・ 「寝ている状態なので、耳の感度が鋭い3000~5000Hzの音がいい」という。 さらに音のテンポに関して、「覚醒時の心拍数。1分間に100前後のテンポのものを選ぶと起きやすいのでは」との見解。 眠りの専門医に伺うと、「歌い出しからサビにかけてどんどんテンポが上がっていき、 テンポが変化すると目覚めやすくなる。外から聞こえてくる音は中脳を刺激して、大脳を起こす作用がある」という。 そしてもうひとつ。「曲に日本語がついていること。その曲に意味があると、大脳に働いてドーパミンという覚醒物質が出て、より目覚めやすくなる」。 引用:http://www.ntv.co.jp/megaten/library/date/13/04/0407.html このような科学的な根拠もあります。 ちなみに上記の条件を満たす曲の一例として あの鐘を鳴らすのはあなた/和田アキ子 があげられます。 まさにアッコにおまか・・・ 私自身の体験談としては、自分が歌える好きな曲であれば スローテンポでも、古い曲でも新しい曲でも目が覚めます。 逆に歌えても好きだとしても、洋楽だといまいち目が覚めないのは より詳しい研究が必要かなと思います。

とにかく、眠い時には歌える日本語の曲を聴く、歌う!

これを是非試されてみて下さい。 あなたの眠気が覚めると嬉しいです。 この方法をやっても眠気が覚めない場合は 完全な睡眠不足ですので、充分な睡眠を取っていただきたいです!

The following two tabs change content below.
竹田 浩一(睡眠改善インストラクター)

竹田 浩一(睡眠改善インストラクター)

以前は5時就寝。昼12時起床の生活だったが、現在は朝5時起床。夜22時就寝という生活を送る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です